社長のつぶやきの最近のブログ記事

2019年11月1日の日経新聞で当社が紹介されました。

 

ちょっとリップサービスが過ぎたかな(汗)

よろしかったらご覧ください。

 

Web版はこちらから

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51634240R31C19A0L61000/

 

DSC_5007_00134_00002_00002.jpg

 

 

 

東亜工業㈱

https://www.toa-industry.co.jp/

 

浜太郎餃子(アンテナショップ)

http://www.hamatarou.jp/

 

私のブログは基本社内に向けて投稿しております。

興味のない方はスルーしてください。

 

<浜太郎 半田山店の日報から>

 

>埼玉県からのお客様は、「5月に初めて食べに来て、凄く美味しかったから又、食べに来

>たよ!」とお話をして、テイクアウトの方もして頂き、

 

>神奈川県からのお客様も、店内飲食をされてから、「美味しかった!テイクアウトと発送

>もお願いするね!」とお声を掛けて頂いたり、

>テイクアウトに来たお客様も、東京のお友達に浜太郎を紹介したら、そのお客様が実
>際に食べに来て頂き、美味しかったので、皆に配りたいから、発送注文を頼まれて来たよ

 

>ホールの方でも、お客様に対して、最初の感謝の声掛けを大事にして、

>キッチンの方からもお客様に感謝の挨拶をして、

 

>お帰りに成る時も皆で、声掛けを心掛けて居ます。范さんも常連様の顔を覚えて、范さん

>成りにデシャップの方迄来て、お客様に挨拶をして居ます。勿論、お客様もニコニコして、
>挨拶を返してくれて居ます。

 

とてもうれしいですね!

半田山店は決して立地が良いわけでもありません。開業して10年にもなります。

一般的な飲食店でいうと廃業確立は90%です。

ところが売り上げが下がるどころか、地域一番店を維持し続けています。

 

お客様の言動をまとめると、

1.      美味しかったからまた来た

2.      美味しかったので飲食後にお持ち帰りもしてくれた

3.      友達に浜太郎を紹介されご来店

4.      友達に浜太郎餃子を送ったら喜ばれたので

 

とても良い売り上げと客単価の上がり方と言えます。

 

“しかも殆ど販促にお金をかけていません”

 

一般的な飲食店は売り上げを上げるために多くの販売促進にお金をかけています。

どちらが利益を残せるかわか一目瞭然です。

 

ではなぜ半田山店に再来店してファンにまでなってくれるのでしょか?

 

それはキッチンもホールもスタッフ一人一人がお客様に「感謝の気持ち」と「満足して帰ってもらう」

という意識で取り組んでいるからです。

 

実はこの一連の流れの中にもう一大事なことがあります。

それは社員もパート、アルバイトも、働く私たちが働く喜びを感じられることです。

 

他の店舗はどうですか?

 

 

DSC_4869p.jpg

 

 

 

 

餃子専門店 『浜太郎』

http://www.hamatarou.jp/

 

餃子酒場 『浜太郎』 

https://hamatarou-ta.owst.jp/

 

東亜工業㈱ホームページ

http://www.toa-industry.co.jp/

 

 

私のブログは基本的に社内に対して発信しております。

今回はちょっと話が長くなります。興味の無い方はスルーしてください。

 

よく商品やサービスで注意されると真剣に聞き入れなかったりふて腐れる人がいます。

たぶんプライドが傷つくのでしょう。仕事にプライドを持つことは良いことでが、でもそれは間違ったプライドと言えます。どんなに商品やサービスに自信があっても、お客様がそれを感じなければただの自己満足です。

一概には言えませんが経験豊富な人にその傾向があります。お客様は会社の事情やスタッフのスキルや経験などどうでもよく、目の前に提供された商品やサービスで評価します。

 

例えば、近年飲食店の廃業が増えています。一説によると飲食店の廃業率は90%とも言われております。

店主は経験も豊富でそれなりに味には自信もあります。聞くと「最近景気が悪いから」「近くに大手のお店ができた」からお客が減ったと言います。

 

本当にそうでしょうか?

 

もちろん景気や近くに競合店ができるなどお店を取り巻く環境なども変わります。でもそれ以上に顧客のニーズやライフスタイル、価値観の変化のほうが大きく早いのです。要はそれらの要因に合わせて対応していかなければお客様には選んでもらえないのです。

それは「お客様満足度」という言葉に置き換えることができます。

 

今の時代お店や物が溢れています。とうぜん競争の原理が働き、お客様の求める満足のハードルも高くなっています。当たり前のことを当たり前にやっていているだけでは今の時代生き残っていけません。お客様が満足してくれるためには“価格以上の価値”を提供することです。限られた予算の中でお客様に満足していただくより高度な取り組みが求められます。

 

お客様は、料理の味、見た目、スタッフの接客、サービス、所作、価格、雰囲気、などを無意識のうちに評価しています。でもお客様の求めるものや価値観は目に見えません。感想やアドバイスなどもしてくれません(特にネガティブ系は)、“満足すれば再来店してくれますが不満足なら再来店なし”それだけです。

 

だから常にお客様の表情や言動に耳を傾けて、お客様目線で商品やサービスなどと向かい合い、より良くしていく努力を怠ってはならないのです。特に飲食店にとってお客様の評価の大半は料理とサービスです。しかし先にも述べたようにお客様の満足度はなかなか見えません。誰かがアドバイスや注意をしなくてはなりません。

 

それをお客様の満足につながると謙虚に前向きにとらえるか、ふて腐れるかで結果が大きく変わるのは言うまでもありません。そしてその人の評価も大きく変わります。会社はその人のスキルや経験が有るか無いかより、向上心をもって取り組んでいる姿勢を高く評価します。少なくても私はそう思います。

 

そしてプライドとはお客様の満足に対して持つものだと思います。

 

 

DSC_5007_00134_00002_00002.jpg

 

東亜工業㈱

https://www.toa-industry.co.jp/

 

浜太郎餃子(アンテナショップ)

http://www.hamatarou.jp/

 

餃子酒場 浜太郎OPEN!

 

https://hamatarou-ta.owst.jp/

 

 

 

パース出張

| コメント(0)

先日、パース出張に行ってきました。

西オーストラリアのパースは人口200万人の豪州第四の都市です。

オセアニア有数の世界都市でもあり、街は大変美しく「世界で一番美しい都市」とも言われています。

 

今回の目的はパースの中心部にあるこちらの物件、

好立地で341㎡の大型物件、なのでいろいろできそう!

もちろん弊社で借りるわけではなく、現地のパートナーに依頼されての内覧です。

IMG_0158.jpeg

IMG_0149.jpeg

 

先ずは現地市場調査

豚肉もキャベツも品質的には問題なし!

しかも日本より安く手に入りそう。これは大きなアドバンテージです。

 

IMG_3485.JPG IMG_3477.JPG

 

一風堂さんも進出しています。

最近はBARカウンター付きの店舗が多いようです。

というかオーストラリアだけかな?

 

IMG_3506-01.jpg

IMG_3531-01.jpg

 

BARやパブのハシゴも♪

オーストラリアの習慣や食文化を知るために、これも仕事です!

実は僕はお酒が飲めません・・・(笑)

 

IMG_3544-01.jpg

IMG_3568-01.jpg

 

朝は郊外のワインブドウ畑に隣接するお洒落なレストランで朝食を

こちらのオーナーシェフはパートナーの友人で、この日のために新商品を開発してくれました。

どれもお洒落でうまかった~! 日本の浜太郎でも出そうですww

 

IMG_3634.JPG

IMG_3624.JPG

IMG_3623.JPG

 

新しい業態やお店の開発話はワクワク楽しいものです。

時には将来の夢や希望で盛り上がることもあります。

 

でもそれだけではだめです、客観性と緻密な計画が必要です。

特にネガティブな部分にどれだけ時間をかけるかが大事!

 

今回はあれだけの大型物件なので2重3重の仕掛けが必要そうです。

でも面白いお店になりそうです!

 

 

浜太郎 (餃子専門店) 

http://www.hamatarou.jp/

 

浜松餃子 浜太郎 浜松駅前店 (餃子酒場)

https://www.hotpepper.jp/strJ001217412/

 

東亜工業(株)

https://www.toa-industry.co.jp/

 

 

 

先週は海外からの来客が多い一週間でした。

カナダ、フランス、オーストラリア、ロンドン、と世界各地からご来社いただきました。

あるお客様はスケジュールの関係でバッティングしてしまい、

一時お店の中で英語と中国語が飛び交いいような雰囲気でした。浜太郎も国際的になってきました(笑)

 

皆さん工場での餃子製造の様子を見学して、実際に餃子も試食してもらい、

餃子ビジネスの魅力やその国の市場や文化などいろんなお話をさせていただきました。

 

DSC_1595.jpg

 

あるお客様は、浜太郎の餃子とビジネスモデルに大変興味を持っていただき、

「ぜひ現地でコラボレーションして浜太郎のFCやらせてもらいたい」と熱く要望され!!

 

突然の申し出で困惑しましたが、その様な高い評価をいただきとても嬉しかったです。

いつか浜太郎の海外店ができたらいいな~(笑)

 

IMG_2518a.JPG

 

 

 

 

 

東亜工業㈱

https://www.toa-industry.co.jp/

 

餃子専門店 浜太郎餃子

http://www.hamatarou.jp/

 

 

組織には常にいろんな問題があります。

その中でも人の問題は特に大きく、永遠の課題かもしれません。

これは規模に関係なく、どんな業界・業種でも同じだと思います。

 

特にサービス業ではお客様と直接接する機会が多いので、

お客様目線での取り組みが必要とされます。

ですから会社の方針をパート・アルバイトまで浸透させるなくてはいけません。

 

DSC_8583_00010-1.jpg

 

そのためにはどうするべきか、常に考えて悩んでいます。

恥ずかしながら弊社でもまだ完全ではありません。

 

先日も残念ながらお客様から対応の悪さでご指摘を受けました。

話を聞くと店側の対応に問題がありました。

猛省です。

 

例えば、25人の従業員がいるとします。

一人の人間が25人を教育・管理することは不可能に近いです。

一人の人間が管理できるのは5人まで、と何かで読んだこともあります。

 

ですから管理の仕組みを作ることが大事なのです。

この場合の仕組みとはコミュニケーション(報・連・相)です。

良い事も、悪い事も、上から下へ、下から上へ、横へと伝達するための

ルールを仕組みにする。さらには風土にしたいです。

よく言う風通しのいい会社というやつです。

 

DSC00223-1.JPG

 

マニュアルも大事です。とうぜん弊社にもあります。

しかし万能ではありません。

 

それを補うのがコミュニケーションであり、

お客様目線での柔軟な対応です。

 

ひとりの管理者が5人までしか管理できないのであれば、

先ずは信頼できる5人の部下を育てることです。

 

更にその5人は5人の部下を育てます。

そうすることで25人の人を教育と管理ができます。

 

IMG_1961-1.JPG

 

管理者は常にいろんな事を考え悩むものです。

時には心の余裕もなくなり、それがお客さんに悪い対応となって表れてしまう事があります。

 

ですから信頼できる部下を育て、少しずつ責任を分担していきます。

そうすることで負担も軽減され心に余裕も生まれます。

 

DSC_5174-1.JPG

 

その心の余裕がきっとお客様の為になるのではないかと思います。

 

 

東亜工業㈱

https://www.toa-industry.co.jp/

 

浜太郎餃子(アンテナショップ)

http://www.hamatarou.jp/

東京出張。みっちり3.5時間の実のあるミーティングでした。

しかし頭に中では他の事を考える自分がいました。

 

会社を長年支えてくれてきた弊社の番頭が3週間ほど前に亡くなりました。

ちょっと検査入院のはずでした。必ず元気な姿で戻ってきてくれると信じていました。

 

学校を卒業して弊社一筋、多くを語らずとも阿吽の呼吸で現場を仕切ってくれました。

時には無理難題やわがままも言いました。意見がぶつかる時もありました。

でも信じて付いてきてくれました。

昨年60歳の定年迎えたけど、これからはプレーヤーでなく指導者として

引き続き頑張ってくれると約束もしました。 

 

社員の皆もショックでしょう。今年の2月には工場長も定年退職したばかりなので不安でしょう。

でも皆で力を合わせて頑張って行けば必ず今の状況を克服できます。

 

そして、こんなときこそ上が毅然とした態度でいなくてはなりません。

彼がいなくても会社はぐらつかないことを身ももって示していくことが大事です。

 

暗闇は怖くて不安だけど。明かりがあれば歩けます。そして地図があれば迷うこともないです。 

その明かりと地図を示すのが社長と管理職の役目です。

 

今のこの経験は皆を大きく成長させてくれます。

僕には皆が今までにないスピードで成長しているように見えています。

そしてこの経験は必ず会社の財産になります。

 

写真は目黒川の桜、既に満開でたくさんの花見客で賑わっていました。

出張のもう一つの楽しみでもありました。

DSC_4499-1.jpg

 

 

企業の成長は人の成長だと常々思っています。

 

ですからスタッフにはスキルアップと成長を求めます。

ですがある一定のレベルになると成長が急激に鈍化してしまいます。

 

そういうスタッフにスキルアップ求めてもなかなか向上しません。

そこから先は本人にとってハードルが高く、見本もなかったり、どうしていいのか分からない

未知の世界でもあるのです。

 

具体的に期限付きの目標を与えることも出来るでしょう。

でも、それでは「やらされてる感」があり、僕はあまり好きではありません。

 

ですが『10%能率や能力を目標としてください。』と聞くとどうでしょうか?

例えば、現状より10%効率良く、10%追加オーダーを頂く、10%お客様と会話を増やす、

10%大きな声で・・・・など。

この程度の目標なら何とか出来そうと思えてきます。

 

そして、能率UPといっても『効率』と『能力』の2種類があります。

目先の効率も大事ですが限界があります。ですが能力には限界はありません。

 

ポイントなのが10%の数字です。本音ではそれ以上のスキルアップを望んでいますが、

それでは何をどう手を付けたら分からず結果成長が鈍化してしまいます。

 

『10%ぐらいなら何とか出来そう』そう思ってもらう事が大事なのです。

そしてその目標に期限を付けて紙に書き、部署の仲間や上司と共有して、

期限が来たら検証と報告してもらうようにします。

 

そして、それを意識して続けることで実は知らぬ間に10%以上の効果が生まれます。

イメージとしてはこんな感じです。

100%x1.1=110%

110%x1.1=121%

121%x1.1=133%

133%x1.1=146%

 

仮にこれを1年単位とすると、10年後には259になります。20年後にはなんと673にもなるんです。

 

弊社の場合は6ヶ月の目標を立ててもらっています。

もちろん人によって目標の高さ、難易度は違いますが、そこは大きな問題ではありません。

大事なのは10%の意識を常に持ち続ける事なのです。

 

僕の尊敬する、「本田宗一郎」、「松下幸之助」、「孫正義」は雲の上の存在ですが、

今の自分が100としたらいったいいくつなんだろう(笑)

 

DSC06936.jpg

 

当たり前ですが、スタッフのスキルアップはお店や企業にとって必須です。

もっと言うと企業の成長は人の成長だと思っています。

 

どんなにカリスマ的なトップが居ても出来ることには限界があります。

一人に与えられた時間はみな平等なのです。

 

また、トップダウンであれこれ指示して組織を動かしていると、スタッフも言われたことしかできない

(やらない)人間になってしまいます。そしてトップは次から次へと決断に迫られ、ときには判断ミスもします。

そして何より疲れます。

 

トップは常に大きな目標に向かって方針や戦略を考えるために時間と脳を使わなくてはなりません。

ですから常に冷静な判断が出来るよう時間や精神的な余裕も必要なのです。

 

スタッフの成長には「言って聞かせ」「考えさせ」「やらせて見る」ことが大事であり子供の成長に似ています。

トップに必要なのは、アクションプランを容認する、小さな失敗は容認する、結果を共に検証することだと思っています。

後は、成功の喜びを共に分かち合うことかな(笑)

 

IMG_3450.JPGのサムネール画像

 

 

昨今、求人募集しても人が集まりにくいといわれています。

それは弊社でも例外ではありません。

 

理由としては有効求人倍率の上昇が上げられます。

6月の全国平均は1.37倍、ちなみに静岡県は1.34倍、東京都はなんと1.52倍!

飲食店などで必須な常用パートでは1.91にも!!

単純に1人のパートさんを2つの会社で取り合う構図です。

 

弊社でも、ハローワークはもちろん、店舗、求人誌、ネット、ホームページ、などで求人対策をしています。

そこには時間、労力、お金、がかかります。

これらをもっと発展的な事に使えたらといつも思いますw

 

そして実は求人対策も大事ですがもっと大事なのが離職者対策です。

せっかく苦労して採用して育てた人材が辞めてしまったらまた振り出しです。

そこまで掛けた時間、労力、お金、が水の泡です。

 

一言で離職者対策といっても賃金、労働環境、人間関係、業種・業態、将来性、やりがい、など

人それぞれ求めるものは違いうので、これという答えはありませんが、

いちど腹を割って話してみるのも必要かもしれませんね。

 

ただ、業種・業態がミスマッチな人、強調性が無い方は気苦労も多く、結局長続きしません。

相方のためにも早めに辞めてもらうという選択肢もありそうです。

DSC_1541.jpg

昨日は弊社の賞与の支給日でした。

スタッフにとっても僕にとっても嬉しい日でした!

 

賞与とは利益配分はもちろんですが、感謝の気持ち、今後の期待などいろんな思いが込められています。

 

そして注意しなくてはならないのが「平等」ではなく「公平」です。平等と公平は違います。

平等だと均等配分となりますが、公平は皆が納得できる配分だと思っています。

 

一言で言うと、頑張った人、頑張りが足らない人、を評価してそれに見合った配分をするということです。そして配分の理由に皆が納得できるということです。

 

組織やチームには各々の役割分担があります。表に立つ人、裏で支える人、これらを評価するのは数字だけでは判断できません。裏方に徹し仲間が仕事をしやすいように頑張っている人もきちんと評価してあげなくてはなりません。これが公平だと思っています。

 

また役職の人、そうでない人では評価の基準は違います。役職の人はキャリアやそれに見合う給料のベースが違うので求める頑張りも高いものが求められます。

 

例えば、

「入社5年目の〇〇課長はいつも積極的に仕事をこなし頑張っているなぁ」と他人が評価します。たしかに頑張っていると思いますがこれだけでは評価は上がりません。それが役職者にとっては当然なことだからです。プラスアルファーの何かが必要です。

 

そして組織にとって、この人にはこんな人になってもらいたい、こんなスキルも身につけ成長してもらいたいという思いがあります。ですから時にはいろんな試練も与えます。時には答えが分かっていてもあえて言わない。自分がすれば早けどあえてしない事も多々あります。

 

そういう期待を理解し試練に積極的に立ち向かい、個々に成果を上げる人が組織やチームにとって本当の意味での「頑張っている人」だと思います。

IMG_3516.JPG

昨日、社内アンケートを回収しまいた。
会社の維持・保全のため各所修繕工事・備品の買い替え、環境改善などを検討するためです。

 

アンケート箱をあけたら、良いのか悪いのか分かりませんがたくさん回収できました。
さすがに創業から40年超ともなるといろいろとあります(汗)

 

もちろん全てを実施することは不可能ですが、皆が働きやすい環境になるよう

優先順位を決めて計画的に実施したいと思います。

 

どれも貴重な意見ですが以外に多かったのが
トイレをウォシュレットにしてほしいとの要望!

 

時代なんですかね~

DSC06803-2.jpg

本業の東亜工業(餃子製造マシーン販売)の離職率は5年連続0%でした。

昨今、マスメディアなどでもよく取り上げられる「企業の離職率減らす取り組み」ですが、弊社にとってはあまり必要性を感じていませんでした。

もちろん社会保障や啓発活動もそれなりに力は入れてきましたが、一番の要因はいいスタッフに恵まれてきたことかもしれません。

 

その反面、弊社の抱える問題としては高齢化です。毎年新入社員を増やしてきましたが、既に60歳を超えた方が15名、全体の3割近くにもなります。

殆どの方が10年以上勤めあげた方ばかりで、中には高卒入社で50年勤めあげた方もいらっしゃいます。

本当にありがたいことで感謝の言葉しかありません!

 

それがここ1ヶ月程度の間に3名(83歳、69歳、64歳)の方から退職希望の意思を伝えられました。理由は共に体力的なことでした。

体力的なこととなると会社としても引きとめるわけにもいかず了解しましたが、

長年一緒に頑張ってきた方が会社から離れていく、今まで職場にいて当たり前だった人がいなくなる現実に直面してとても寂しくなります。

 

しかし惜しんでいるだけではダメなので、出来るだけ早く且つ確実に引き継ぎをしなくてはなりません。

昨日は以前作った「技術伝承リスト」見返して思ったのが、まだまだたくさんの技術伝承テーマが残っていることです。

 

いくら離職率が低くても、日常業務が忙しくても、経費削減が必要でも、計画的に技術の伝承、

もっと言うとトップもいつ何時何があるか分からないので、後継者育成をやっていかなくてはいけないなと改めて感じました。

DSC06784-p-2.jpg

東亜ソリューション

ウェブページ

最近のコメント

東亜工業の社屋の写真