暗闇は不安だけど、頭に地図があれば歩ける。

| コメント(0)

東京出張。みっちり3.5時間の実のあるミーティングでした。

しかし頭に中では他の事を考える自分がいました。

 

会社を長年支えてくれてきた弊社の番頭が3週間ほど前に亡くなりました。

ちょっと検査入院のはずでした。必ず元気な姿で戻ってきてくれると信じていました。

 

学校を卒業して弊社一筋、多くを語らずとも阿吽の呼吸で現場を仕切ってくれました。

時には無理難題やわがままも言いました。意見がぶつかる時もありました。

でも信じて付いてきてくれました。

昨年60歳の定年迎えたけど、これからはプレーヤーでなく指導者として

引き続き頑張ってくれると約束もしました。 

 

社員の皆もショックでしょう。今年の2月には工場長も定年退職したばかりなので不安でしょう。

でも皆で力を合わせて頑張って行けば必ず今の状況を克服できます。

 

そして、こんなときこそ上が毅然とした態度でいなくてはなりません。

彼がいなくても会社はぐらつかないことを身ももって示していくことが大事です。

 

暗闇は怖くて不安だけど。明かりがあれば歩けます。そして地図があれば迷うこともないです。 

その明かりと地図を示すのが社長と管理職の役目です。

 

今のこの経験は皆を大きく成長させてくれます。

僕には皆が今までにないスピードで成長しているように見えています。

そしてこの経験は必ず会社の財産になります。

 

写真は目黒川の桜、既に満開でたくさんの花見客で賑わっていました。

出張のもう一つの楽しみでもありました。

DSC_4499-1.jpg

 

コメントする

東亜ソリューション

ウェブページ

東亜工業の社屋の写真